不労所得で経済的自由を求めて日々奮闘中

Blog

リタイアへ向けての不労所得以外の準備は?

退職後一年間の税金 前年の所得に対する税金と保険の事です。リタイア後に収入が無くても払わなくてはならない😩 後から重くのしかかってきます 再就職するなら問題はないんですが私のプランは再就職するつもりはない …

フルポジ病

リスク許容度について書いていこうと考えていますが、私はだいたいいつもフルポジになってしまいリスク資産が100%に近い状態になってしまっております。 反省しなければならない 株式投資をやってると、何たらショックが頻繁に起こ …

ブロンコビリーから株主優待が到着

スマホだけでブログ記事書いてると写真がちゃんと貼れてるのかわかんない😭 デスクトップパソコン壊れてるからノートパソコン買わないとダメなんだろう。今後旅とかやってくと必要になってきそう。 さてブロンコビリー …

5000万円の資産総額でリタイアは見えて来るか?

いろんなリタイアブログでみる数字です! これは答えから先に言うと 人による という結論 ただ私ならやろうと思えばリタイアに踏み切れるかなぁと感じます。5000万円を高配当銘柄へ分散投資という事になります。日本株や米国株の …

資産性のあるものへ投じる

これは過去の自分が失敗続きの状態だった時によく書籍やら成功しているブログなんかを拝見して学んだ事です 資産とは資本を産むとなり資産運用は資本を産むものへ投じて管理運営することです。  資本の中で王道と言えるのは …

不労所得状況 2019年2月

2019年も2カ月が終わってしまった。 30歳を過ぎると年月が経つのが早いですね。 さて先日の記事で言った通り、私のリタイアへ向けての生命線である不労所得の実績を公開いたします。 税引後の不労所得 2019年1月 &nb …

家族全員の協力体制で節約を加速

私の両親は世代が一昔前であり、高度経済成長やインターネットがまだない状態ですから、生活していく為には働くしか無い状況に近かったと思います。 私自身も投資を始める際は猛反対されました。 自分の働いて得た収入の範囲内でやろう …

ポイントカードの活用方法

スーパー、コンビニ、ドラッグストアなど購入したらポイントが付きますよね。 財布にカードが増え過ぎるデメリットがありますが、ポイントを貰わない手はないでしょう。 ただポイントを貰う為にお金を使っていては本末転倒かと思います …

リタイア生活に入るタイミング

以前記事に書いた通り一応計画は立てておいた。 今から1年半後のオリンピックまでにはリタイアしたい。ちょうど良くオリンピックの1ヶ月前にはボーナスがある。 タイミングとしてはいい時期ですね。 結構多くのサラリーマンは狙って …

ノマドと外こもり

ノマドで働くという自由な生き方 ノマドで働いている人とはノートパソコンなど持ち歩いていける通信機器を持ち、働く場所を移動しながらWi-fi環境のある所でweb制作などの仕事を受注したりしているフリーランスやブログを更新し …

投資家へ

この記事は私の過去の自分に対して言っていると思って下さい。 私の会社は至って普通で世の中で平均的なんだろうと思う。 しかしながら恐らくだが同僚の殆どは、男であればタバコ、お酒、女、ギャンブル、バイク、車など。私の会社では …

ベトナム株を地道に増やし分散投資

投資国の分散 現状私はほぼ日本株で運用していて、ベトナム株が1銘柄でその他は投資信託で僅かに新興国に投資している。 現在の資産状況 株式(特定預り) 保有数量 取得単価 現在値 外貨建評価損益  ビナカフェビエ …

リタイアまで1年半の計画を立ててみた(暫定)

あくまで計画でして早くなるかもしれないし遅くなるかもです。 オリンピック前に退職してLIVEで観戦したいと思ったから!出来れば現地観戦もしたい! 今から1年半と言うと、長いような短いような感じがします。 まあ仕事中は早く …

FIREという生き方について

年末くらいにテレビ東京の朝の番組モーニングサテライトでパックンがFIREについて紹介していました!まさか公共の電波でこんな生き方について取り上げるとは… FIREとは Financially Independ …

リタイアのメリット

現在僕はリタイアしておりません。社蓄継続中です。😭 サラリーマンから見たリタイアのメリットを思い浮かぶ範囲で綴っていきたいと思います。 まあ隣の芝生は青いというやつです。 自分のリタイアへ向けてのモチベー …

« 1 2 3 4 5 »
PAGETOP
Copyright © ふらがのたんぱ生活 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.