みなさんはパブロとブルーノの動画を知っているまたは見た事があるでしょうか?

私は日常生活で浪費してしまった時とか、仕事がしんどい時に見ています

お金についての知識(金融リテラシー)の基本的な事で、有名なお話です。

日本人の殆どがブルーノの方になってしまっちゃう

はい、私も若い時はブルーノ側です。

お話の内容は

ふたりは村一番の成功者になれるかを考えています。

そんな時、村長が若者ふたりを雇うことにしました。

村には水が足りないのです!

仕事は、遠く離れた山の湖から

ふたりの暮らす町に水を供給する仕事です。

ふたりはこれに応募し働くことになりました。

仕事の給料は運んだ水の量によって決まるというルールです。

パブロとブルーノは最初のうちは

ふたりともバケツを持ち、湖と町を往復して町に水を運びました。

しかし、パブロは毎日の労働で疲れ切っていたのです。

もっと効率よく、もっと楽に水を運べないか、もっと楽に収入を得られないかと考えていました。

そこで、湖から水道管のようなパイプラインを引いて

町に水を流す方法を思いつきました。

そして平日は、バケツで水を運び

休日はパイプラインづくりに充てました。

対するブルーノはバケツの大きさを大きくし

湖と町の往復回数を増やすことが唯一の方法だと考え、

パイプラインの制作を誘うパブロをスルーしました。

パイプラインは何ヶ月経っても

完成しないため、その期間は収入に反映されず、

その時点で稼ぎが多いのはブルーノでした。

ブルーノは牛や家を買うのが遅くなると考えていたからです。

パイプラインの完成後

しかし、2年の時が経ち、パイプラインがついに完成し、

湖から町に水が流れ続けました。

パブロは一気に数倍もの水の量を運べるようになり

ブルーノと立場が逆転。

食事をしているときも、

寝ているときも、

遊んでいるときも、

水が流れ続け、莫大な収入になったというお話です。

要するに

権利収入を得るための

「仕組み」を作りましょう!という話です。

大抵、この話の感想をみると、

「ブルーノにはなりたくない…」

「パブロを目指します!」

「権利収入を得たい!」

などの感想が出てきます。

しかし、注目すべきところは

そこではなく別の視点から捉えてみましょう。

権利収入って聞くと

確かに良い事ばかりに見えますよね?

しかし、実はその裏には

それ以上に意識しなければならない

ところがあるのです。

それは、

楽に、簡単に

なんて心構えでは

ほんの僅かしか稼げません。

注目すべきとところは

物語のパイプラインはすぐできたわけではなく

パブロ自身も長い年月が必要だと

知っていたからこそ、完成までこぎつけられたというところです。

パブロは三匹の子豚のレンガ造りの家を作るような、長い間地道にコツコツと継続して作り上げた

仕組み」なのです!

パブロはパイプライン男とからかわれても、パイプラインの建設を諦めなかった事、継続し続けた結果の賜物なのです。

だから、本気で権利収入を得たいと

思うのであれば、

コツコツ地道な作業の継続だったり

周囲に理解されなくても反対されたり

からかわれても

諦めないという行動力

こうした本質的な能力が必要であり

その覚悟をもつことで、

真の権利収入を得ることができるのです。

この権利収入を得られるまでは仕組み作りに労働をしていますが、仕組みが完成すれば権利収入=不労収入とも言えます。

私は学校ではお金の教育を受けていないので、浪費脳や消費脳になりかけている時は、よくこの物語の動画を見ています。

みなさんもこの物語を観てみてはどうでしょうか?