私の仕事での収入は世の中の平均以下。
今後も本業での収入の伸びは期待できませんし、レールを外れている事もあります。しかも社会保障費が地味に上がってきて、税引後はほぼ毎年同じといった具合。

労働者としての市場価値は今までの経験値が低い。結婚とか既に年齢もきてるし厳しくなっている。

では今後どうするか。生活スキルを磨いて自らの価値向上を図るのが一つの手ではないでしょうか。
生活スキルと言えば、以下の3点がすぐに思いつきます。

1.収支出管理能力
2.資産運用力
3.日常生活力

3は家事全般で一人でできるだけやれないといけません。
これ以外にもまだまだあると思いますが、上記3つがある程度のレベルでこなせれば、なんとか暮らしていけるようになると思います。

1には自信があります。最重要と言っても良いでしょう。やってるよという人も多いと思いますが、パーキンソンの法則があって、殆どの人がこの法則に当てはまってしまいます。ハマっちゃうんです!

パーキンソンの法則

第1法則

第2法則

の二つからなる。

パーキンソンの法則は収入が入ったら、殆ど全部消費してしまいます。

私も社会に出てすぐはこんな感じでした。しかし現在では、低収入ですがアラフォーで平均を超えて蓄財を達成しました。

アラフォーだと平均1000万くらいかな私の年代だと結婚して家を買うという一般的なところだと純資産はマイナスのところが多いかな。この辺の統計よくわかりません。


2.はまずまずでちょっと運もありました。

3は全くできていませんね。頑張らねば

年収だけじゃない、総収入だと思う。

年収以外にも付加価値をつける方法はあるはずです。今まではいろいろな副業ができ、収入の柱を多く複数にすれば良いのです。


上記3点はやろうと思えば誰にだってできます。
特別な才能なんて必要ありません。